2018年6月20日水曜日

つくばいのまわりで


つくばいの脇のトサミズキがうっとうしいので枝を落とそうと近づいたら、あれっ、また訪問者がいました。


カエルは、どうもここが好きなようです。


残念、枝を落とすのはまたにしました。
  

夫が、つくばいの脇に植えたハナショウブは、今を盛りと咲いています。


「つくばいの脇の花はアヤメか?」
「ハナショウブよ」
「誰が植えたんだ?」
「私じゃありませんよ」
ちょっと株が大きくなりすぎた感があります。





2018年6月19日火曜日

葉っぱのブランコ


何かが空中で動いています。木の葉でした。
上を見上げると、真上には空があるだけです。
「わぁ、不思議」
 

しばらくして見たら、葉っぱは5メートルほども移動して、今度は木の枝の下で揺れていました。
目を凝らして見ても見えませんが、細い細い蜘蛛の糸でぶら下がっているのでしょう。





2018年6月14日木曜日

柚子

6月24日に、我が家で映画上映会をしますが、会場費などはいただきません。
それで、主催する方たちから、
「せめて記念に苗木を受け取ってください。何がいいですか?」
と申し出を受けたので、ゆずをいただくことにしました。

ゆずは一本ありましたが、昨年だったか、一昨年だったか、夫が移植して枯らせてしまいました。根がばらけていたので、柑橘類は大きく育ってからの移植は難しいのかもしれません。
同時に移植した「ふくれみかん」も枯れてしまいました。

さて、しばらくして、
「トゲのないゆずと、トゲのある普通のゆずとどっちがいいですか?」
との連絡がありました。
「どっちでも構わないけれど、じゃぁ、トゲのないゆずをいただいてみましょうか」


というわけで、ゆずの苗が届きました。


苗木には写真がぶら下がっているのですが、正直なことに、
「香りや風味も本ユズと比較して劣ります」
と堂々と書いてあります。しかも、
「トゲナシといっても小さなトゲはあります」
とも書いてあります。
もっと、自慢できるところを書けばいいのに.....。


ゆずの苗を、陽あたりのいい場所に植えました。
といっても、ここは、我が家の敷地ではありませんが。我が家の敷地は、どこもあんまり陽あたりがよくないのです。


草も刈りました。


イノシシ除けもばっちりです。
彼らは、掘り返して柔らかくなった土を掘るのが好き、すぐ、根もとを掘って、苗を倒してしまいます。


今年の冬は無理かもしれないけれど、その次の冬には、きっと実が生ることでしょう。





2018年6月13日水曜日

二年越しの花

斜面にたくさんのホタルブクロが咲いていた家を見たのは、3年前でした。
そのとき、
「うらやましいなぁ。また、ホタルブクロが欲しいなぁ」
と思い、ホタルブクロの鉢を農産物直売所で買ったのは、2年前の夏でした。すでに花が散っていて、花の色はわかりませんでしたが、何も書いていなかったので、ちょっと暗い薄桃色の花だろうと思っていました。
ホタルブクロは斜面を好むと聞いたので、斜面に植えましたが、1年目の昨年は、何本か芽を出したものの、花が咲くほどには育ちませんでした。


そして、今年、初めて咲きました。
でも、色がちょっと濃くないですか?

先日、Sさんの家に行ったとき、ごくごく薄い、白に近いピンクのホタルブクロが庭一面に咲いているのを見て、うっとりしたので、余計に濃く感じるのかもしれません。


左手前は、もう花が終わった、紫色のホタルブクロです。
濃い紫は好きだけど、濃すぎる桃色はちょっとと文句を言うなんて、ホタルブクロに失礼でしょうか。


それにしても、地面を見ると、来年は咲くぞと、小さなホタルブクロが元気に育っています。
色は好きじゃないけれど、しばらく好きに繁殖させておくことにします。






2018年6月11日月曜日

今年もハゼラン

 

今年も、土間入り口あたりにハゼランが抜け目なく生えています。


軒下になって雨が当たらず、水不足で弱ったタマリュウのところだけでなく、石の割れ目にも生えています。


次々と花を咲かせるのはいいのだけれど、邪魔なんだよね。







2018年6月10日日曜日

クヌギの夢


草を刈っていたら、あまりにもクヌギのどんぐりが芽を出しているので、どのくらい生えているか見ようと、刈るのをやめました。
コナラは傾斜地にも芽を出し放題ですが、クヌギのどんぐりは丸いので転がっていき、平らなところにしかとどまれません。


作業の合間合間に草を抜いてみました。
間違えてクヌギを抜いたり、まだドクダミが残ったりしていますが、この密度です。


どんぐりは細長くした方が転がりにくいのに、どうしてクヌギのどんぐりは丸いのでしょう?
高い山に生えれば、麓の方まで転がって、分布を広げることもできますが、このあたりのクヌギは道を転がって、さらに雨に流され、田んぼの脇などで寂しくつぶれています。






2018年6月9日土曜日

深閑とした林の中に


これは、なんという花でしょうか?
もう二週間ほど前、じんさんにM+Mが山の中の土地を見せてもらったとき、道のわき、ヒノキ林の中に咲いていた花です。


桃色ならシモツケかと思いますが、白です。
木はアジサイほどか、こんもりとしていました。