2017年6月25日日曜日

GALだって!


交差点で止まった前の車を見るともなく見ていたら、JALのマークが、と思ってもっとよく見たら、GALでした。


ギャルねぇ、そういえば、ずっと前にもJALをもじったマークを見たことがあったような。






2017年6月24日土曜日

瀕死の岩シジャン


昨秋、我が家に仲間入りしたころの、岩シジャン、鬼岩タバコ、姫岩タバコです。
屋外での鉢植えの世話などしたことがなかったので、この九か月、かなり神経を使ってきました。
水遣りはこれでいいのだろうか、半日影がいいというけれど、朝日が当たるのはいいのだろうか、鉢の下は石がいい、それとも土かしらなどなど、鉢をあちこちに移動させたりもしていました。
 

四月になって、枯れていた岩シジャンの若葉が現れたときは、
「よし、これでいいぞ」
と、思ったものでした。

ところが、それから葉が増えるというわけでもなく、ちょっと不安になっていました。そして、一昨日見ると、葉がほとんどなくなり、短い茎にはみっしりと白い粉がついていました。腐ってしまったのです。

「やっぱり、鉢植えは無理だった」
と、あわてて庭に降ろして植え、花屋さんに連絡してみました。今は便利、花屋さんとはFacebookの友だちになっていたので、メッセージを送ったのです。
すると、梅雨で湿気が多すぎて枯れたのではないか、地植えより、鉢植えの方が、水管理はしやすいですよ、と返事をいただき、また、慌てて掘りあげました。


地上から上は無残ですが、根はわりとしっかりしています。


水はけがいいように、ただの網ではなく、円錐の網を底に敷いてみました。
 

一から仕切り直しです。
持ち直すかなぁ。






2017年6月23日金曜日

ワルナスビ


土手一面にワルナスビが咲いていました。


あまりにも繫殖力旺盛だからとつけられた名前がワルナスビ。


でも、花はなかなか可憐です。
せめて、ナスモドキとか、ゲンキナスビという名前だったらよかったのにね。









2017年6月21日水曜日

わっはっは

壁の中に断熱材のウール綿を入れるために、ウールの断片を入れている籠をのぞいたら、蛾が死んでいました。


「おぅおぅ、嫌だねぇ」
二階で作業中、下まで行くのが面倒だったので、ちょっとと思って、蛾をほかのかんな屑ごと床にぶちまけたら、笑っちゃいました。


こんな顔が現れたのです。
こんなちょっとユーモラスな顔を秘めて、汚い色で飛んでいるなんて、蛾はいったい何を考えているのでしょうね。。







2017年6月20日火曜日

ハンカチ花


菖蒲を見ていると、大きさと言い、色と言い、ハンカチを思い浮かべてしまいます。
ヤマボウシは、たくさん咲きすぎた年は、葉の上にハンカチを置いたみたいだけれど、普通に咲いたらそうは思えません。
ヤマボウシはすでに散っていますが、今年は平年並みで、「いとおかし」姿でした。
 

つくばいから、常時水が流れているので、根のあたりは湿っていて、菖蒲は毎年株を大きくしているようです。
いつまでも喜んではいられない気もするけれど。









2017年6月19日月曜日

放浪、はじめました


「あら、今年はこんなところで咲いたの」
敷石の間の狭い土から芽を出す植物たちは、マツヨイグサ、タカサゴユリなど、放浪が好きなものばかり、今年はネジバナも、その仲間入りをしたようです。


二本目。何本顔を出すのかなぁ?





ルナリア


今年も勝手に生えてきたルナリア、種が膨らんできました。


「でも、虫が寄ってきちゃう、私たちっておいしいみたい」


齧られている実もあれば、その虫目当てに待ち構えている蜘蛛もいます。







2017年6月17日土曜日

歓迎されない訪問者

Gさんの家では、収穫間近のジャガイモ、約300キロをイノシシに一夜にして食べられてしまったそうです。
「電気柵は?」
「くぐられちゃった。イノシシは必ずウリボウを先に歩かせるから、ウリボウが柵をくぐったら、ちょっとびりびりときても、その時だけ我慢して入るみたい。びりびりくるのは、鼻だけだから」
「残念ねぇ」
半分くらいでも悔しいのに、全部とは.....。
我が家もその昔は、サツマイモもジャガイモもつくっていましたが、柵にした頑丈なパイプを何本も捻じ曲げられて、花が咲く前のジャガイモを全部掘り返されてから、お芋づくりはとおに諦めています。


そのイノシシさん。勤勉に訪問してくれます。
 

あっちもこっちも穴ぼこだらけ。
平らにしておくと、またやってきます。これでは、花を植えるのもはばかられます。


まあ、労せずして篠竹の根っこが抜けるのは、ありがたいのだけれど.....。





2017年6月16日金曜日

庭のアジサイたち


今年の七段花。二本ある木は、どちらもすっかり大きくなりました。
 

どちらも込み合ってきて、風通しが悪そう、大事にしすぎてもダメなようです。


反対に、いつまでも大きくならないヤマアジサイ。


花はかわいいのですが、木姿はいま一つです。
 

反対に、木ばかり大きいのに、花も葉もいま一つの山アジサイ。


花が終わったら、思い切って刈り込んでしまいましょう。


園芸種の「墨田の花火」は、今年は早い開花でした。
いつも遅くに咲きはじめて、11月ごろまで咲きます。


やはり園芸種。
昨年、場所を移したので、今年は咲く気がないようです。


そして、濃い紫色のヤマアジサイは、原種なのに、今年はのんびり。
まだまだ咲きそうにありません。





2017年6月15日木曜日

収穫間近


煙草畑の横を通りました。


もう、収穫間近です。


先日、戦後復員してきた人たちが開いた開拓村を通ったとき、煙草乾燥小屋を見かけました。
山奥ですから、耕地もままならないのに、煙草栽培は日陰ではできないのに、いったいどうやって開拓し、栽培していたのかと、思ったことでした。

1965年

6月17日から、茨城県立歴史館で、「茨城の民俗学者・藤田稔のみた世界」展がはじまりますが、これは、その藤田稔さんが撮影した、煙草の葉を天日干ししている写真です。
葉が大きいので、アメリカ種だと思われますが、乾燥小屋だけではなく、天日干しもされていたのでしょうか?








2017年6月14日水曜日

顔が見えるかな?

kuskusさんが、ときおり、いろいろなところに「顔」を見つけて、顔に見立てて、写真を撮られています。
缶の蓋の裏の写真もあるので、缶を開けるときは気をつけて見ていますが、あまり面白いのに出逢いません。


先日も、大豆のドライパック(非常食用に買ったもの)と、さけ中骨水煮缶を混ぜて一品つくったとき蓋の裏を見ましたが、取り立てて、「顔に見えるというほどでもありませんでした。


上下さかさまにしてもみました。
小さい丸が目で、髭があって、大きな冠を被っている王さまに見えるでしょうか?
ちょっと無理があります。


もう一つの方も、上下を反対にして、部分的に見て、「豚の顔」。
やはり無理がありました。






2017年6月13日火曜日

菖蒲


夫が植えた菖蒲が咲きました。
たった一株だったのに、どんどん増えています。


それにしても背が高いなぁ。
金魚たち、窮屈そうです。


微妙な色。







2017年6月12日月曜日

鳥の巣


草を刈っていたら落ちていた鳥の巣、虫がいるかもしれないと思い、沓脱石のあたりに、一年も転がしておいて、忘れ果てていました。
先日、沓脱石の奥を掃除していたら、その巣が、姿をとどめたまま出てきました。


けっこうしっかりできています。
 

ハタオリドリの巣とまではいかないけれど、一本一本材料を集め、組み合わせて、時間のかかる作業です。


というわけで、コレクションに昇格、でもどうやって飾ろうか?
木の枝を切ってきて、その上に置くようにしたら一番いいんだろうけれど、そんな飾り方は我が家には似合いません。
飾り方を考えつくまで、今度は室内ですが、そこいらに放り出しておきました。








2017年6月11日日曜日

こんなところで咲いてみました


ホテイアオイの花は、いつ見てもきれいです。


農産物直売所に行ったら、小分けして100円で売られている株の中に、けなげに花を咲かせているのがありました。
ひと夏つきあっても、花が咲かないこともあるのに.....。







2017年6月10日土曜日

アメリカデイゴ


一か月ほど前に庭木を動かしたとき、近くのコナラが茂りすぎて日陰になっていたアメリカデイゴを、よく日の当たるところに移してやっていました。
この二、三年は、枝を伸ばしても花が咲かず、しかも伸びた枝もすぐ虫にやられるといった塩梅で、我が家にはあまり合わなかったかと思って、半ばあきらめていたものでした。

掘りあげたとき、古い幹に蟻が巣くっていたので、その部分は切り取りました。すると、それがよかったのか、見違えるように元気になりました。


今年は久しぶりに花も見られそうです。